ローンの選び方

ローン選びで大切な金利比較

ローン選びで最も重視すべき点は、低金利のローンでお金を借りることです。ローンのランキング比較サイトには、年率、限度額、融資スピードなどが記載されています。比較サイトを利用すれば、金利や限度額など、希望の条件に見合ったローンを抽出することが簡単にできます。ローンを使ったことがないという人は、どんな基準で金融会社を選ぶべきか、見当がつかないこともあります。選び方で迷ったら、できるだけ低金利のローンを選択することが基本になります。

借りたお金に対して、返す時の利息額を計算する時に、金利が幾つに設定されているかが大事です。限度額に関しては、どれくらいになっているのかは、それほど重要ではありません。ほとんどのローンは500万円以上の限度額を設定していますが、実際に借入できるわけではありません。1500万円以上の収入がある人でなければ、500万円のローンを組むことは法律上不可能です。最近では、申し込みから審査結果が出るまで、ほとんどのローンが3日以内で大差はありません。

銀行の融資も、消費者金融会社からの融資と同じくらい、速やかに受けられるようになりました。ローンの返済額は、低い金利で融資を受けたほうが、利息が増えずに済みますので、重視したいところです。
 

ローンを利用する時には金利を確認する

ローンの金利を調べるには、商品概要の実質年率を見れば分かります。自分が借りているローンの金利を知っておくことは、融資を受ける時には大事なことです。金融会社のローンの条件を確認すると、4.5%~17.5%というように、かなり幅のある書き方になっているものです。大口融資の場合と、少額融資の場合では金利に差があるので、こういう記載になります。高額の借入をするほど利率が下がる仕組みになっているのです。

借入金が100万円より多ければ、大抵の金融会社は15.0%以下の金利設定で融資を行うようになります。金利が分かりやすい記載になっているローンは、限度額別に利率表記をしているものです。150万円以下は12.0%、100万円以下は14.5%という書き方がされていれば、金利は明瞭です。金利何%での融資を受けることができるかがはっきりすれば、ローンの返済金額を計算することが可能になります。審査を受けなければ、幾らまでの金額を、何%の借り入れで受けられるかはわかりません。

大手銀行ローンの場合は、WEBサイトなどで借入残高別の利率を表記している場合が多いようです。ローンのお金を無理なく返済するためには、金利何%で融資を受けるかをはっきりさせておくことです。
 

ローンの固定金利と変動金利について

借りる金額がそれほど多くない時には、固定金利でローンを組むことが大半だといいます。まとまった金額を借り、完済までに時間をかけるという時は、変動金利になりがちです。ローン融資を受ける時に、変動金利と、固定金利とでは、どんな違いがあるのでしょうか。

金利を固定して融資を受けることのメリットは、全額返済までに必要な金額が明らかなことです。けれども、状況によっては、変動金利にしておいたほうが、返済がしやすくなることもあります。確かに利率が変わらず固定のままであるのは、安心できる部分でもあります。利息を比較した場合、固定金利で融資を受けるほうが、返済総額が多くなることがあります。経済情勢が変わることで金利は上下しますが、短い期間でいきなり金利が上がったりはしないものです。

返済総額を少なく抑えたい場合は、得に住宅ローン等の借入金額が大きいものは変動金利が適しています。危険性と抱き合わせで利用する金融商品なら、結果的には得にもなりますが、そうでなければ得にはならないものです。金銭的なリスクをおかせば返済金額は少なくできるかもしれませんし、リスクをさければ返済金額は大きくなります。消費者金融は固定金利のものを、銀行は固定金利も変動金利も両方のタイプを用意していることが多いようです。

お金を借りる時にはローンの比較サイトで調べてから申し込む

今や銀行や消費者金融など多くの金融機関でカードローンを取り扱っています。無担保、無保証人で融資を受けることが可能なことが、カードローンの利用者が多い理由の一つです。金融会社ごとにカードローンの融資の仕方は違っていますので、あらかじめ情報収集をすることが大事になります。新規のカードローン手続きを行う時には、自分の返済希望スタイルに沿ったものを選ぶようにしてください。金利やサービスのほかにも特典など、それぞれ違うので、どれを利用するか比較してから決めた方が安心です。

インターネット上には、ローンの情報を比較しているサイトが多くあるので、参考になります。比較サイトには、それぞれの金融機関のローンの金利などが記載されており、簡単に比較検討することが可能です。借りたお金を、期日までにきちんと返済するためにも、カードローンの金利が何%なのかは非常に重要です。金利が低く設定されているカードローンにすれば、利息を抑えることができます。返済総額も少なくなりますので、完済しやすくなります。

ネットの比較サイトには、返済手段や、申し込みのやり方についても詳しく記載がされていますので、返済のことも考えて金融会社を選ぶようにしましょう。利用する金融機関を決めたら、カードローンの申し込み手続きをすることになります。お金を借りる時には、比較サイトで事前に比較検討してから、最適なカードローンに申し込むようにしましょう。

作成日:2016年05月22日
更新日:2016年06月05日