クレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードの決め手は還元率の高さ

クレジットカードは現金が無くてもショッピングが可能となる便利なサービスとなっています。多くの人がクレジットカードを所有しており、中には複数枚のクレジットカードを持っている人もいます。少し前まで、クレジットカードは高級な飲食店での支払いや、宝飾品の決済などに使われていました。しかし、近年では、日用品の買い物や、コンビニでのショッピングでも、クレジットカードが使われています。多くの人がクレジットカードを使うようになって、買い物に小銭を数える必要がなくなり、現金を持ち歩かずともよくなったことは大きな利点です。決済が簡単になったというだけでなく、ポイントを貯めるサービスがあることがクレジットカードの利点です。

一般的なクレジットカードにおいては、利用額に応じたポイントの還元率はだいたい0.5%くらいとなっています。クレジットカードの還元率は一部のカードでは1~2%という高いものもあり、注目を集めています。ポイントの付き方が大きかったり、お得なサービスにポイントが交換できるクレジットカードの場合、年会費を毎年徴収してくることもあります。年会費が必要なクレジットカードの中には、利用額に応じて年会費が無料になるものもあります。

クレジットカードをよく使う人は、年会費分の負担があっても、ポイントカードを積極的に使うカードの使い方をしていたほうがいいでしょう。自分に合うクレジットカードを探すためには、ポイントの還元率や、年会費の有無を把握する必要があります。

クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

現金を所持していない時でも、クレジットカードがあれば、買い物を楽しむことができます。多くのクレジットカードには、ポイントサービスがついていますので、還元率に注意をして使うと、様々なサービスが得られます。最近は、商品を購入する時にクレジットカード決済ができるだけでなく、光熱費や、家賃の支払いにもクレジットカード払いが対応しています。保険料や住んでいる場所によっては自治体に支払う税金もクレジットカード払いが出来ることもあるようです。

クレジットカードの利点は色々とありますが、ポイントサービスもその中の一つといえます。クレジットカードのポイントがどのくらいのたまるかはカード会社によりますが、還元率が1%を越えるお得なカードもあります。

還元率が高ければ高いほどポイントの貯まり具合はよくなりますが、還元率1.5%以上になると年会費有料のカードがふえてきます。年会費が15,000円で還元率が1.5%がいいか、年会費が0円で還元率1.0%がいいかは、悩ましいところではないでしょうか。両者の条件を確認してみると、還元率で年会費ぶんの差を取り戻すには、一年で30万円以上のカード決済が条件になります。ショッピングや家庭の固定費の支払を年間いくらになるのか計算してみて、30万円以上になるかどうかが比較のポイントです。

もしも、1年で使うクレジットカードの決済額が30万円を軽くオーバーするのなら、還元率1.5%のクレジットカードがお得です。クレジットカードには利用上限が設定されていますので、その範囲で使った時に還元率分のポイントが幾らになるかを試算しましょう。"
 

クレジットカードのポイントによる還元率について

クレジットカードのポイントサービスとは、カードの利用額に応じてポイントがもらえるというものです。クレジットカードのポイントバックによる還元率は0.5%と設定されている場合が多いようです。例えば、100万円の買い物をクレジットカードを使って行えば、ポイントは5000円ぶんが入るわけです。クレジットカードをよく使う人にしてみれば、少しでも高い還元率のクレジットカードを使いたいと思うものです。近年では、還元率1%以上というクレジットカードもあり、多くの人が利用するようになってきています。

還元率0.5%と、還元率1%以上との差は大きいですから、注目する人がたくさんいることもわかります。ポイントをたくさん貯めるためには、クレジットカードをよく使うことと、還元率の高いカードにすることです。ポイントの還元率が高いクレジットカードの場合は、得られるメリットが大変大きいので所有しておくことをおすすめします。もしも、還元率1.5%のクレジットカードを使って、100万円の買い物をしたならば、15,000円のポイントが入ってくることになります。

還元率の高くないクレジットカードと比較すると、ポイントの入り方が全く違うことがわかるでしょう。もしも、新規のクレジットカードを選ぶ時には、ポイントの還元率がどのくらいなのかを調べてみることが大事です。クレジットカードの利用条件は様々な要素がありますが、その中でもポイント還元率が何%なのかは、カード選びの鍵を握ります。"

作成日:2016年05月22日
更新日:2016年05月22日